「ほっ」と。キャンペーン
2005年 03月 19日
朝のリレー / 谷川俊太郎
c0025895_1511252.jpgカムチャツカの若者が
きりんの夢を見ているとき
メキシコの娘は
朝もやの中でバスを待っている
ニューヨークの少女が
ほほえみながら寝がえりをうつとき
ローマの少年は
柱頭を染める朝陽にウインクする
この地球では
いつもどこかで朝がはじまっている

ぼくらは朝をリレーするのだ
経度から経度へと
そうしていわば交替で地球を守る
眠る前のひととき耳をすますと
どこか遠くで目覚まし時計のベルが鳴ってる
それはあなたの送った朝を
誰かがしっかりと受けとめた証拠なのだ


前記事に引き続き、谷川俊太郎の詩。
ネスカフェの広告(数々の賞を受賞)でも使われていたし、教科書にも載っていたので、ご存知の方も多いハズ。思わず見入ってしまうエモーショナルな広告だったよね。

中学生の頃は「カムチャツカってどこだ?」くらいにしか感じてなかったが、今、改めて読み返すとこの詩の持つ壮大なスケールを感じることができる。

↓ココからTVCM、新聞広告等見れます。
ネスカフェ モーニングキャンペーン



by LEGO-Yokohama | 2005-03-19 15:13 | いいモノ | Comments(2)
Commented by sideb1941 at 2005-03-24 00:50
はじめまして。前から気になっていた好きな詩に出会えることができました。ありがとうございます。トラックバックさせてくださいね。
Commented by LEGO-Yokohama at 2005-03-24 01:11
sideb1941さん、はじめまして。
この詩を使ったネスカフェのCMがとても好きです。初めて見たとき、食事していた手が止まり、CMに見入った記憶があります。
今後ともヨロシクです。


<< さくら(関内)      生きる/谷川俊太郎 >>