2013年 07月 05日
2013.06.30 サロマ湖100kmウルトラマラソン Vol.01(前日-START)
c0025895_2504140.jpg
結論:100km完走したよー!!!!!

昨秋のフル(湘南国際)完走後に、「次は100km」と静かな野望を抱き、2013年1月にエントリーを完了したサロマ湖100kmウルトラマラソン。
7ヶ月を経て、遂に本番を迎えた。

本番を迎えるにあたって、宿の手配、移動手段、レース本番の勝手等、不明・不安な事が多かった。
そんな時、参考にさせて頂いたのが、過去完走した人や今年も参加するという色々な方のブログ。
本当に助かったっす。
従って、俺もこれからチャレンジしようという人の一助になればと、なるべく具体的に今回のサロマ完走記を綴りたいと思う。(久々に文章長いよ。思い入れ強いんで。)



サロマには、100kmと50kmの種目(コース)があり、スタート地点は別々、ゴールは同じ場所(北見市常呂町スポーツセンター)である。

今回のレースは、こんなメンバーで臨む。
100km : LEGO
50km : 妻、妹、義弟
応援 : 両親
てなわけで、家族6人の旅行も半分兼ねてのサロマ初参加。


6月29日 9:30
旭川空港に到着。
会場に近いのは、紋別や女満別なんだけど、早割は既に予約でいっぱいだった為、なんとか早割の予約ができた旭川から出発。
(予約の都合で、俺と妻が朝一のフライトで旭川に到着。両親・妹夫婦は午後から北海道入り)

6月29日 10:00
レンタカーを走らせ、受付会場(=100kmスタート地点)である、湧別総合体育館まで向かう。
旭川といえば、旭山動物園なんだろうけど、この日の宿泊先は網走なので、時間の余裕もないためスルー。残念。
途中、驚くほど何もなくてびっくり。
道の駅で食べたソフトクリームの素朴なミルクの味がとても美味かった。

6月29日 13:00
c0025895_2523432.jpg
受付会場に到着。54.5km地点のレストステーション(ホテルグランティア)に運ぶ赤い袋とゴール地点に運ぶ青い袋を、受付用紙と引き換えに頂く。
c0025895_2525986.jpg
中には、ゼッケンやパンフ、参加賞のTシャツ(長袖:シンプルでなかなかカッコイイ)が入っており、否が応でも気合が入る。
燃える闘志!!高鳴る鼓動!!てな具合。

6月29日 14:00
宿泊先の網走に向けて車を走らせる。
途中、33km-63km地点を抜けていき、思いのほかアップダウンがあり、かなりビビる。
燃える闘志は一気に消火活動。…シュンとなる。
ビビって口数も減る俺。…車内静か。

6月29日 14:30
昼飯を食べようと、美味しい帆立が有名な常呂町の「レストハウスところ」に向かう。
時間は遅かったけど、ネット検索によると、「通しで営業している」とのコメントがあったので、安心して向かう。
しかし、いざ到着してみると、「準備中」の看板が!!
なぬ!?通しじゃないんかい!?と問い合わせてみる。
すると、明日のレース本番のために色々と準備が必要なため(ゴール会場でお店出したり)、レース前日にあたるこの日のこの時間は準備中とのこと。
Σ(゚д゚lll)ガーン マヂデー?
周辺の他の飲食店をあたってみるものの、どこも同じ状況。

★ポイント★
ゴール近くの飲食店は、前日準備で忙しいので、営業時間の確認が必要。

仕方なく、道なりに網走方面に向かう。
たまたま見つけた炉端焼きのお店で昼食。
c0025895_2533125.jpg
俺は帆立・蟹・海老の入った海鮮味噌ラーメン、妻は帆立が盛りだくさんの帆立定食を頂く。
c0025895_253514.jpg
遅い時間でも親切に対応して頂き、料理も美味しかった。
いいよ、ココ。ただ、名前忘れちゃったよ。
常呂から網走方面に向かって車を走らせ、セブンイレブンの斜め向かいにある「炉端焼」の看板が目立つお店デス。

6月29日 16:30
この日の宿泊先に到着。
宿泊したのは、鶴雅グループの「北天の丘あばしり湖鶴雅リゾート」
1泊11,000-13,000円/人くらい。
今回、ウチラはコチラに2泊。
値段に見合ったなかなか良い宿。
c0025895_2542584.jpg
早速お風呂に入り、疲れを癒す。
後から北海道入りした両親・妹夫婦とも合流。
夕食はバイキング。
皆で明日に向けてのキックオフ。
カーボローディングの仕上げに、パスタ、ピッツァ、炊き込みご飯、塩焼きそばとガッツリ炭水化物を吸収。
ちなみに、レースのために禁酒生活を3日続けていたので、この日も大好きなビールはお預け。
隣の席のビールが黄金色に輝きまくっていて、「飲みてー」という衝動が。
しかも、旅先なので、飲みたい衝動はMAXに。
しかし、明日の100kmに備えて、我慢我慢。

6月29日 21:00
就寝。はやっ!!!
だって、明日は26:00(深夜2:00)出発なんで。

6月30日 2:00
睡眠時間は4時間ちょいだったけど、意外と深く眠れてスッキリ。
宿の方に朝食を食べられない事情を話したら、おにぎりを握って渡してくれた、ありがたや。
両親に車でゴール地点の常呂町スポーツセンターまで送ってもらう。感謝。
だいたい40-50分くらいかな。
ココからスタート地点までは、事前に予約していたバスにて向かう。
ゴールからスタート地点までは、バスで50-60分くらい。
車内は、みな100km走る人たち。
俺は緊張しまくりだけど、俺以外はみな余裕の表情。
それはこれまでの練習量の違いなのか?
なんだか焦ったけど、15分くらいしたら寝てた俺。意外とのんき?

★ポイント★
なんだかんだスタート地点まで2時間くらいかかったので、時間のロスに。
朝は忙しいので、宿泊先はスタート地点に近い所の方がベターかな。
まぁ、紋別・湧別の方は宿の数自体が少ないので、予約も至難の業ではあるんだけど。
あと、スタート地点は前日からテント張ってる人が多数なので、駐車場に車を停められるかは謎。

6月30日 3:50
スタート地点である湧別総合体育館に到着。
c0025895_255513.jpg
ゼッケンつけて着替えて、シューズにはICチップを取り付ける。
ただし、この作業は、ほとんどの人は会場来る前に事前準備済のこと。
…まだまだな俺。

★ポイント★
時間節約のため、ゼッケン・ICチップ取り付け等の事前準備は宿泊先でやっておいた方がいいかも。会場はなんだかんだ混雑もするので。

水色のゼッケンを見つけると、テンションが上がる。
だって、水色のゼッケンは、憧れのサロマンブルー。

外では様々なランニングクラブが円陣を組み、「完走目指してがんばるぞ!!おー!!」といった内容の各々ユニークな掛け声をあげている。
c0025895_2553113.jpg
孤独な俺は、いいなー楽しそう、羨ましいと心底思うワケで。。

6月30日 4:40
スタート地点に並ぶ。
c0025895_255782.jpg
ストレッチをして体をほぐす。
これから先、100kmの道のりを果たして俺は走れるのか?
ゴールした時は、どんな気持ちになるのか?
期待と不安が入り混じる。

6月30日 5:00
いよいよスタート!!
続きは次回へ。

■2013.06.30 サロマ湖100kmウルトラマラソン Vol.02(START-60km)
■2013.06.30 サロマ湖100kmウルトラマラソン Vol.03(60km-90km)
■2013.06.30 サロマ湖100kmウルトラマラソン Vol.04(90km-FINISH)

by LEGO-Yokohama | 2013-07-05 05:30 | いいSAROMA | Comments(2)
Commented by teru at 2013-07-07 21:51 x
書き込み遅くなりましてすいません。

サロマ湖100kmウルトラマラソン、完走おめでとうございます!
LEGO-Yokohamaさん、さすがです。

Vol.03まで読ませて頂きましたが、こんなに詳しく書かれていて素晴らしい!将来的に参加するかもしれないので、その際に参考にさせて戴きます。

90km~ゴールのネタも期待しております~。

Commented by LEGO-Yokohama at 2013-07-08 06:09
>teruさん、こんにちは。
コメント頂きありがとうございます。
走り込んでいるteruさんなら、余裕で完走できると思いますよ。
肉体的にも精神的にも限界を試されるレースですが、ゴールした時の達成感と高揚感は素晴らしいものがあります。
オススメです。


<< 2013.06.30 サロマ湖...      サロマで受付完了 >>