2014年 03月 05日
2014.03.02 第32回三浦国際市民マラソン
c0025895_0353886.jpg
雨 風 寒い 喉痛い

先日は、久々にレースに出場。
三浦国際市民マラソンにハーフの部で出場。

赤い電車・ドレミファインバータの京急線に揺られて一時間弱かな?遥々三浦海岸に到着。
つか、雨。
つか、風。
つか、寒い。
つか、俺金曜から喉痛めて風邪気味。
ってことで、猛烈にやる気ないモードで臨んだ大会。





もうちょいスムーズな大会運営を希望

男子更衣室兼荷物置き場の小学校は通勤ラッシュ並の混雑。
オサーンがオサーンを縫って進む。
時に、オサーンがオサーンに濃厚密着をするという地獄絵図。
あの会場で着替えをするのは、曲芸並のテクニックが必要かと。
大会運営の在り方について不満が募る。

男子更衣室兼荷物置き場の小学校からスタート地点までが、また微妙に遠い。
ちなみに、女子更衣室は男子更衣室とはだいぶ離れた別の場所で、スタート地点にも近く、混雑もなく快適だったらしい(妻談)

スタート地点に着いたら着いたで、雨が寒い。
とにかく早くスタートしてくれ!!
ただただそれを思うのみ。
雨対策を何もしていなかった事に後悔。
臨時処置として、たまたま持参していたゴミ袋を上から被り防寒対策。
でも、これがあるとないとでは雲泥の差という事を実感。

スタートの整列は、スタッフが予想タイム(10分刻み)のプラカードを掲げ、そこにランナーが自由に並ぶというスタイル。
放任主義。というか無規制・無秩序。Ever Free!!
「キミ、絶対そのレベルじゃないよね?(足とシューズ見れば大体分かるんで)」って輩が明らかに早いタイムのとこに並んでいたり…

10kmの部(約2000人)の7分後にハーフの部(約6000人)がスタート。
この時間間隔の狭さと、元々の道路の狭さ、更には上記スタート整列のテキトーさが重なり、序盤は大渋滞・大混雑。
序盤というか、城ケ島超えたあたりの12km過ぎくらいまで走りづらい状況だったような気が。。


三浦のコースは険しい。けど、飽きないし面白い!!

と、ここまでネガティブ意見オンパレードだけど、コースは良かった。
「三浦は難コース」と噂には聞いていたけど、噂通りに難しかった。
だからこそ、面白いんだと思う。
だからこそ、走り甲斐があるんだと思う。
潮の匂いを感じる海沿いを走ったと思ったら、今度は大根畑・キャベツ畑が一面に広がる丘陵地帯を走る。
アップダウンが6回あったかな。
そんな起伏の激しい、表情豊かなコースだから刺激的。
坂は辛いけど、なにくそ!!、とチャレンジ精神を掻き立てられるし、何より走っていて飽きないのがいい。


最後にスパート

自己の備忘録にラップタイム。
01km 5:58
02km 4:54
03km 5:26
04km 5:24
05km 4:39
06km 4:25
07km 4:30
08km 4:22
09km 4:18
10km 4:18
11km 4:30
12km 4:33
13km 4:29
14km 4:17
15km 4:30
16km 4:26
17km 5:01
18km 4:10
19km 4:18
20km 4:19
21km 3:54
FIN  0:23

グロスタイム 1:41:15
ネットタイム 1:38:29(Ave.4:36/km)
天候:雨 気温:5.7℃ 北北東の風:Ave7.4m

「三浦は難コース」という予備知識でビビって抑えていたのか、後半になっても意外にスタミナがあって、ラスト4kmはスパート。
雨が顔に当たって走りづらい。
けど、なんか生きてるーって感じが心地よかったり。


バッドコンディションをグッドレースに

「一人一人の諦めない走りで、バッドコンディションをグッドレースに」
とは大会MCの言葉。
ふむふむ、確かにと納得。
雨・風・寒いといったその日のコンディションは、変えられようもないけれど、バッドコンディションがバッドレースだとは限らない。
逆に、グッドコンディションでもグッドレースだとは限らない。

最終的には、自己のメンタルとフィジカル、自分次第だよね。
というわけで、結局は村上春樹のこの言葉に落ち着くと。
Pain is inevitable. Suffering is optional.
痛みは避けがたいが、苦しみはオプショナル(自分次第)
走れば走るほどに、奥が深い言葉だ。

ゴール後は、とにかく寒くて寒くて。
完走証と参加賞の三浦の大根&Tシャツを頂戴する。
この大会は、ホノルルマラソンとの姉妹レースという事でも有名。
従って、毎回抽選で3名がホノルルマラソンに派遣される。(つまりタダ)
抽選で当たっても、抽選結果時にその場にいないと、権利は剥奪され別の人に。

抽選には申し込んでみたものの、やはり寒さに耐えきれず退散。
晴れて気温も高ければ、もっと会場で余韻に浸れたんだけどね。
まー、とにかく、この日は寒かった。。
c0025895_0371920.jpg


レース前は憂鬱、レース後は快感

てな感じで、三浦国際市民マラソンを無事完走。
はじめは、走らない理由ばかり考えていたんだけど、走って本当に良かった。
走らなかったら、きっと後悔していただろうな。

雨・風・寒さ・坂という4点セットの過酷な状況でのレースだったけれど、防寒・防水対策、坂道の走り方等色々と教訓になった貴重な一日だった。
あとは、雨でも走れる、という自信に繋がった事が大きな収穫かな。
4月も何かレース入れたいなー。
c0025895_0361961.jpg

PS.1
三浦海岸駅のロータリーには、河津桜が満開で綺麗だった。

PS.2
参加賞の大根は、三浦大根ではなくて三浦「の」大根ね。
三浦大根を貰えると期待していたら、三浦産の青首大根だった・・・orz
でも、美味しいらしいんで、食べるのが楽しみ♪



by LEGO-Yokohama | 2014-03-05 00:39 | いいRUN | Comments(4)
Commented by kzmc40 at 2014-03-05 12:18 x
初めまして。いつも楽しく拝見させていただいております^^寒い中、お疲れ様でした。自分もLEGOさんの様に、レース目指して朝RUN頑張りまーす!
Commented by LEGO-Yokohama at 2014-03-05 23:30
>kzmc40さん、こんばんは。
コメント頂きありがとうございます。
朝RUNいいですねー。清々しい気分になれますよね。
と言いつつ、自分は最近全然朝走れていないのですが。
もうちょいしたら暖かくなると思うので、会社行く前に走って、ってやっていきたいと思います。
Commented by teru at 2014-03-08 23:04 x
コメント遅くなりました~。申し訳ありません。

>オサーンがオサーンに濃厚密着をするという地獄絵図。

これ、ほんとなんとかしてほしいですねぇ。雨でしたので特に混んでいたのかと。雨天時は校舎側も開放していただきたいです…。

でも三浦国際市民マラソン、悪条件でしたけど私もかなり楽しめた大会でした。やっぱり走ってよかったなぁ~と実感しております。


>三浦大根ではなくて三浦「の」大根ね

あ、そうですよねぇ。三浦大根って、もっと太くなかったっけ?と感じておりました。私のブログ、直さなきゃ…。

って、スタート時、お近くだったのですね!もしかして上は赤と黒のまだら模様のウェアでしたでしょうか?バカボンのCW-Xを履いてオレンジのTalumi Ren履いている方がいたので、「あぁ!LEGO-Yokohamaさんか??」と思ったんですけど、「でも、こんなタイムのところにいないよなぁ…間違っていたら恥ずかしいし」と考えて、声、かけられませんでした(シャイなので…)。

でもお会いする楽しみは、サロマ湖ウルトラマラソンにとっておきます。

こちらもどんな格好で走るか、事前にアナウンスしますので!
Commented by LEGO-Yokohama at 2014-03-09 12:05
>teruさん、こんにちは。
コメント頂きありがとうございます。
三浦、荷物置き場と更衣室は別々にした方がいいですよね~。あの混雑は唖然としました。ただ、その分体育館内は温かかったですね(笑)
teruさんご指摘の通り、赤と黒のまだら模様ウェアでした。
サロマでは、義弟と共に、もっと分かりやすい格好で走る予定です。こちらもteruさん捜索隊頑張りますよー。サロマはマジ長丁場なので、楽しんで走らないとですし。
直近の目標としては、5月の軽井沢ハーフで自己ベスト目指して頑張りたいと思います。


<< 箱根小旅行Vol.03@箱根吟...      箱根小旅行Vol.02@箱根吟... >>