「ほっ」と。キャンペーン
<   2005年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2005年 07月 31日
ヴァカンツァ2005 レポ 四日目[食](ローマ)
暑いローマ。6月下旬、7月上旬には36度の日もあったそうだ。
俺が滞在した期間も33度は軽く越してた気がする。

そんな暑い日に食べたいのがジェラート。イタリアでジェラート。ま、お約束ですな。

この日行ったのは、トレヴィの泉近くにあるジェラテリア「San Crispino(サン・クリスピーノ)」

前述の雑誌「CREA」や「ALL About イタリア」のイワタさんの記事
にも取り上げられている有名なお店。「世界一オイシイ」とまで言われる定番中の定番ジェラテリアだ。

c0025895_151493.jpg冷房が効いた店内に入ると、陽気で笑顔が素敵な店員が対応してくれる。
カップの種類は5種類あって、一番安いので確か1.3ユーロだった気がする。ちょっとだけ食べたい人には一番小さいカップで十分。
そして、シャーベットの種類は40種類以上。選ぶのに迷っちゃう。

んで、俺が選んだのは、一番小さいカップで「レモンとバニラ」
バニラは個人的にはちょっと甘すぎだったけど、レモンが激ウマ!!もう一気にかきこんでしまった。暑くてヘトヘトだったせいもあるけど、本当に美味かったのョ。後味さっぱり爽やかで。

c0025895_15143825.jpgなので、おかわりしちゃいました。今度はワンランク大きいカップ(2.5ユーロ)で「レモンとピンクグレープフルーツ」ピングレもフレッシュでかなりヨロシイ感じ。

イタリア人も夏はフルーツ系、冬はクリーム系を好むとのこと。
それから、イタリアのジェラテリアでは、お願いすれば、どこでも生クリームタダでつけてくれるみたい。(今回俺はつけなかったケド)

DATA(★3が満点、☆は半分)

オイシサ評価 ★★★
オサレ評価  ★
CP評価    ★★

Via della Panetteria,42,Roma
(トレヴィの泉からV.D.Traforoに向かう途中、2個目の角の宝石屋さんを左に曲がった通りの右手)

===

ディナーはスペイン広場近くにある「Ristorante Alla Rampa」
ネットで調べてオイシイと評判だったので、行ってみることに。
イタリアのグルメサイト(おそらく)restaurantsOMH.com でも取り上げられたお店。

20:30に行ってみると、店内はほぼ満席状態。みんな世界各国からの観光客っぽい。
幸いにも、テラス席が空いていたので、そこに通される。
暑い暑いと今まで散々言ってきたけど、夜になれば外でも全く問題はない。湿度が低いヨーロッパの夜は快適。そして、外でのこの開放感、にぎやかな笑い声とナイフとフォークがお皿に触れる音。スゲー好き。
c0025895_15165163.jpg
頂いたMENUはコチラ。

c0025895_15192633.jpg●スタッフ オススメのスプマンテ
乾いたノドを潤す、フレッシュな香りと微炭酸がサイコー。
辛口でどんな料理にもあう。
c0025895_15194517.jpg●生ハムとメロン
俺としては、コレはどこに行ってもハズせない。
c0025895_1520434.jpg●ペスカトーレ(だった気がする)
若干黄色い麺。コレが美味いの。
なんでも、卵入り手打ちパスタらしいのだ。勿論、アルデンテで丁度いい歯ごたえ。トマトソースも絶品。値段も10ユーロでお手頃価格。
c0025895_15202129.jpg●バニラアイスクリームの苺添え
 (メニュー忘れたので、もう写真
 見たまんまで言ってますケド)
海外によくあるような超甘~いバニラではなくて、程よい甘さで日本人にもよく合うと思う。そんでまた、フレッシュなイチゴとの相性も抜群なんだな。
 

DATA(★3が満点、☆は半分)

オイシサ評価 ★★
オサレ評価  ★★★
CP評価    ★★★

Piazza Mignanelli,18,Roma
(スペイン広場のすぐ裏。子舟の噴水からスペイン階段を見た時に右方向。AMEXが向かいにアリ)


イタリア旅行の王道中の王道、フィレンツェ・ローマを終え、次回は南イタリア最大の都市ナポリへ。

by LEGO-Yokohama | 2005-07-31 15:34 | いい旅 | Comments(8)
2005年 07月 29日
ヴァカンツァ2005 レポ 四日目(ローマ)
今週は残業たっぷりでちょいツライ。疲労困憊の日々。旅行に行ってた先週のヴァカンツァ天国から、一気に地獄に引き釣り落とされたワ。(ま、当然だよな・・・)
でも、このレポだけはマジメに取り組むのだ。楽しいから。

さてさて、この日行ったのは、サン・ピエトロ広場、サン・ピエトロ寺院→サンタンジェロ城→ヴェネツィア広場→トレヴィの泉→真実の口→スペイン広場→ヴェネト通り→ナヴォーナ広場→共和国広場。一応、主要な名所は押さえたつもり。
c0025895_3341917.jpg
左上から時計回りに、サンタンジェロ城、トレヴィの泉、スペイン広場、ナヴォーナ広場の噴水。

ローマはメチャメチャ暑くて大変だった。しかもこの日は一日中歩き回っていたので。
俺はジーンズだったのだが、もう脱ぎたくて脱ぎたくて仕方なかった。
この季節、絶対短パン+サンダルをオススメする。
(ただ、あんまり軽装だとサン・ピエトロ寺院内には入れないかもしれないケド・・・)
それから、街中を走るバスの数がハンパない。さすがは観光大国。でも冷房が効いてないのがちょいイタイ。
印象に残っているのは、サン・ピエトロ広場、サン・ピエトロ寺院とヴェネツィア広場。

●サン・ピエトロ広場、サン・ピエトロ寺院
c0025895_302598.jpg
c0025895_31129.jpg
c0025895_312676.jpg言わずと知れたカトリックの総本山。
140人の聖人が高みからサン・ピエトロ広場を見守る。

サン・ピエトロ寺院内は人で溢れかえってはいたが、やはり何となく厳かな雰囲気が漂う。


本当にローマって歴史を感じる。
ローマは一日にして成らず、か。
●ヴェネツィア広場
c0025895_314737.jpg
タダで中に入れて、記念堂(ヴィットリアーノ)を登ることができる。ココからの眺めはローマの街を一望できてサイコー。コロッセオやパラティーノの丘とかサン・ピエトロ寺院などを見渡せる。
c0025895_322178.jpg
c0025895_32506.jpg
あと日陰がたくさんあるので、涼むのにも最適。
記念堂(ヴィットリアーノ)の前で、直立不動の兵士が2人いるのだが、凛々しくてカッコいい。


c0025895_2574144.jpg余談だが、ローマの水は冷たい。
ローマはマジ暑かった。
そのせいかもしれないが、水道水がとても冷たくて気持ちイイ。いや、実際にフィレンツェやナポリのホテルの水とローマのホテルの水とでは、温度差があった。また飲食店や噴水の水もローマは冷たかった。
なんでだろ?本当にやたら冷たかったんだよネー。


ホテルに戻る駅までの帰り道、通りかかった共和国広場でこんな素敵な光景に遭遇。ローマの街並みは、どれも素敵で、カメラに押さえきれない。
c0025895_2581285.jpg
次回は、この日の[食]についてレポ。美味いジェラートと至福のディナー。

by LEGO-Yokohama | 2005-07-29 03:37 | いい旅 | Comments(6)
2005年 07月 27日
ヴァカンツァ2005 レポ 三日目(ピサ・ローマ)
この日行ったのは、フィレンツェ→ピサ→フィレンツェ→ローマ→コロッセオ。
電車移動の多い日で、訪れた観光名所は少なかった。でも、「世界の車窓から」気分を満喫した充実した一日だった。


●ピサ
フィレンツェから約1時間電車に揺られピサに到着。
途中、緩やかな丘陵地帯一面に広がる小麦畑を眺めながら、美しいトスカーナ地方の景色に心酔う。
c0025895_13533.jpgはっきり言って、ココは斜塔しかない。
本物をみた時は、予想以上の傾きに驚き、「よく倒れないなー」と不思議に思うばかり。
ちなみに、この斜塔15ユーロで登ることができる。せっかくなので、登ってみた。当たり前なのだが、登ってる最中も傾いているのがわかり、スリル満点。
事前予約ナシで行ったので、チケット購入時から約2時間後の入場となった。時間に追われている人には日本からの予約をオススメする。ただし、予約料に更に2ユーロかかるらしい。
この入場料(15+(2)ユーロ)、俺はかなり割高だと思う。ただ他にココですることないから登っちゃったんだよねー。
c0025895_053379.jpgc0025895_053536.jpg

右の写真はピサの斜塔頂上からの眺め

●フィレンツェ→ローマの車中で
同じコンパートメントに、イタリアン・マンマと同席することに。
ほがらかで心優しいマンマたち。イタリア語で積極的にウチラに声を掛けてくる。
一応、俺も英語で答えるのだが、彼女たちには英語は全く通じない。
ただ、ボディランゲージと固有名詞の連発でなんとか意思の疎通は図れた。どうやら彼女たちもローマで降りるらしい。同じローマ行きとわかるといなや、いきなりローマのカンツォーネを歌いだす。やっぱ陽気だねー、イタリア人。
残念ながら、俺はその歌は知らなかったので、唯一知ってる「オーソレミーオ」を口づさんでみた。すると、ジャポネーゼが国の音楽を知っていることを嬉しく思ってくれたらしく、彼女たちも一緒に歌ってくれた。一番を完唄。いやー、異国の地で異国の人と一体感を味わえて楽しかったデス。
それと、マンマたち、バッグに入っているお菓子をやたらとくれた。おばちゃんのバッグにお菓子が入ってるのは、万国みな共通みたいネ。はっきりいってあんまり美味しくなかったんだけど、頑張って完食!
そんなこんなでローマまでの2時間の道のりはあっという間に過ぎ去っていった。

●コロッセオ
c0025895_0545179.jpg
ローマに到着後、夕日に照らされたコロッセオを見て、何となく歴史ロマンを感じてみたりする。
時間がなかったので、中には入らなかったけど、入場するにはチケット購入に結構並ぶらしい。裏技として、近くにあるパラティーノの丘で共通チケットを買い、入場するのが賢いとのコト。
c0025895_0551061.jpg
帰り道、歴史的建造物がボコボコ建ち並ぶローマの街並みを、暮れ行く夕日が赤く染める。心にも染みて美しい。

by LEGO-Yokohama | 2005-07-27 01:09 | いい旅 | Comments(8)
2005年 07月 25日
ヴァカンツァ2005 レポ 二日目 [食](フィレンツェ)
この日のランチは、「Marione(マリオーネ)」で。
ココはフィレンツェ家庭料理のお店で、店内はアットホームな雰囲気。ホールのオヤジは陽気に歌を歌っている。しかもずっと。

頂いたMENUはコチラ。

c0025895_1273632.jpg●ラザーニャ
チーズ、挽き肉、ラザーニャ麺ともに美味。しっかり絡めて頂く。
c0025895_1275645.jpg●フィレンツェ風ティーボーン
 ステーキ
600gから注文可ということなので、600gでオーダー。
塩コショウのシンプルな味つけだが、美味い。2人で丁度いい量かと思う。

DATA(★3が満点、☆は半分)

オイシサ評価 ★★
オサレ評価  ★★
CP評価    ★★

Via della Spada 27/r
(トルナブォーニ通りのグッチからルチェッライ宮に入る道沿い)

===

ディナーは雑誌「CREA」にも載っていた「Trattoria 4 Leoni(トラットリア・クワットロ・レオーニ)」。
アルノ川の南側にある下町エリアにひっそりと佇む。
ココはダスティン・ホフマンやアンソニー・ホプキンスも来店したことがあるお店で、壁には世界、イタリアのセレブたちの写真が所狭しと並んでいる。でも、雰囲気は至ってアットホーム。そして何より嬉しいのが、お財布にも優しいこと。
要予約のお店らしく、テーブルには「Reservation」の札が並ぶ。
当日の予約にも関わらず、うちらは運よく席をリザーブできた。

頂いたMENUはコチラ。

c0025895_1281635.jpg●生ハムとメロン
本当に美味い。この組み合わせ何でこんなに美味いんでしょ?
ココで食べてからというもの、どこに行ってもこのメニューは頼むハメに。
●アボガドとチーズのサラダ
オリーブオイルをちょいと垂らして頂く。チーズが結構濃厚。
c0025895_1283714.jpg●タレッジョチーズとアスパラガス
 の洋梨入りフィオケッティ
慣れないイタリア語でシェフのオススメを聞いたら、コレを薦められた。
驚愕のウマさ。洋梨(フィオケッティ<リボン状のパスタ>の中に入っている)とチーズも意外な組み合わせなんだけど美味いんだねー。
勉強になりました。コレ、オススメ!
c0025895_1285294.jpg●ティラミスとエスプレッソ
本場のティラミスはふんわりでやはり美味かった。
勿論、エスプレッソと一緒に頂き、イタリア人気取り。

DATA(★3が満点、☆は半分)

オイシサ評価 ★★☆
オサレ評価  ★★
CP評価    ★★

Piazza della Passera-Via de Vellutini 1r
(駅方面からヴェッキオ橋を渡って、右に入る3つめの道を進んだところ)

by LEGO-Yokohama | 2005-07-25 01:41 | いい旅 | Comments(6)
2005年 07月 24日
ヴァカンツァ2005 レポ 二日目(フィレンツェ)
フィレンツェのホテルはドゥオーモから程近いところにあり、そのため朝はドゥオーモの鐘の音で目が覚める。
朝食をとりに行くと、イケメンで陽気な従業員が「ボンジョルノ!」と声を掛けてくれてる。清々しい朝だ。    c0025895_23244145.jpgc0025895_2325270.jpg
朝食のパンとカプチーノを飲んだら、フィレンツェ散策へ。
この日行ったのは、アカデミア美術館→メディチ家礼拝堂→ドゥオーモ→ヴェッキオ宮→ウッフィツィ美術館→ヴェッキオ橋→ミケランジェロ広場→サンタ・クローチェ教会。
小さい街なので、徒歩で回ることもできるが、ミケランジェロ広場だけはやや遠いのでバスやTAXIを使った方が時間と疲労の削減に繋がる。(バスの路線図を手に入れることを強くオススメする。今回、俺は路線図を手に入れることができず、どれに乗ったらいいのか分からずちょっと苦労した・・・)
どの場所も良かったのだが、特に良かったのは、アカデミア美術館、ドゥオーモ、ミケランジェロ広場。

c0025895_23254529.jpg●アカデミア美術館
日本からネットで予約して行ったので、待ち時間は5分程で入れた。
予約アリの人とナシの人とで並ぶ列が違うのだが、予約ナシの方の列は9:00の段階で60人程の行列が出来ていた。なので、是非とも日本から予約していくことをオススメする。(ウッフィツィ美術館も予約して行った方がイイ)

ダヴィデ像のオリジナルを見て、ただただスゲーと感嘆する。
それから大きさにもビックリした。
3~4mあったんじゃないかな。

●ドゥオーモからの眺め
c0025895_23262327.jpg
ドゥオーモの500段近い階段を登り、絶景を見渡す。
500段はつらいケド、登る価値アリ。

●ミケランジェロ広場からの眺め
c0025895_23265722.jpg
c0025895_23273776.jpg
お決まりだけど、やっぱココからの眺めはハズせない。
エンヤの「冷静と情熱のあいだ」のサウンドトラックが自然と頭の中に流れちゃう。
夜景も見ておきたくて、昼と夜の2回足を伸ばす。
ちなみに下の写真の夜景は21:30頃。ヨーロッパはこの季節、本当に日の入りが遅い。

by LEGO-Yokohama | 2005-07-24 23:46 | いい旅 | Comments(8)
2005年 07月 24日
ヴァカンツァ2005 レポ 一日目(成田→フィレンツェ)
7月15日~23日までの9日間ちょいと旅に行っていた。
訪れた都市はフィレンツェ、ピサ、ローマ、ナポリ、カプリ、ソレント、ポジターノ、アマルフィ(以上イタリア)とパリ(フランス)。

ココからの記事は「ヨコハマ」とは全く関係のない記事で、自己満足たっぷりの単なる旅行記なのでご了承頂きたく。今後、以上のような都市を旅行する人の参考になってもらえばとても有難いと思う。

c0025895_23133867.jpg一日目は、移動の日。成田→シャルル・ド・ゴール(パリ)→フィレンツェ。
成田からフィレンツェのホテルに着くまでの時間およそ16時間。長かったが、これからの旅の期待に胸が膨らみ、疲労感も思いのほか少ない。ちなみにフィレンツェの空港からホテルのある市内まではTAXIで14ユーロ。とりあえずボったくられてはいないハズ。
(本当は節約のためバスで移動する予定だったが、スト中で動いてなかったのだ・・・)

by LEGO-Yokohama | 2005-07-24 23:17 | いい旅 | Comments(0)
2005年 07月 15日
いざ、出発!
c0025895_11323482.jpg

実は本日より休暇を頂き、9日間のヴァカンスへ。
それに伴い、暫くブログの更新をお休みさせて頂きます。
当ブログを見て頂いているみなさんには、いつも感謝しております。ThanXデス。
ヴァカンス終了後、また復活いたしますのでお待ちください。
それでは、行ってきます!

by LEGO-Yokohama | 2005-07-15 11:32 | いい旅 | Comments(4)
2005年 07月 14日
旬懐石 風の賦
先日は、関内の馬車道通りからちょいと路地裏に入ったところにある
「旬懐石 風の賦」へ。ひっそりと佇む姿が隠れ家チック。

c0025895_2224866.jpg店のキャパは大きくないが、店内は各パーツが格子で仕切られており、コギレイ。
また、光と影を巧みに操り、壁に投影するあたりも風情を感じさせる。

頂いたMENUはコチラ。

●シーザーサラダ湯葉添え
チーズと湯葉って合うんだねー。ま、フツーのシーザーサラダ。

c0025895_2251055.jpg●刺身3点盛り
写真の通り、店主のサービスで5点盛りにしてもらった。雲丹が濃厚で美味かったナ。

c0025895_2252892.jpg●茄子の田楽
酒がススム一品。個人的には、田楽のアノ味噌ダレ好きなんだな。

●地鶏のゆず胡椒焼
肉の大きさ、柔らかさ、ウマさ、全てにおいてフツー。なかなかコメントに困る一品。だが、決してハズレではない。

●鮎メシ
いいダシ出してて、ウマい。鮎の塩辛さもゴハンと見事にマッチしている。

ココんち若干MENU数が少ないデス。それがちょっとイタイ。
そして、決して不満はなくおいしく食事を頂けるのだが、いまいちエッジが立ちきらない。「月の雫」的な一般的コギレイ居酒屋と同じ雰囲気。
ま、無難なお店ということで。会社飲みとかには十分使えるんじゃないカナ。


DATA(★3が満点、☆は半分)

オイシサ評価 ★
オサレ評価  ★
CP評価    ★☆

横浜市中区常盤町4-47 ニューイナズマビル1F

by LEGO-Yokohama | 2005-07-14 02:28 | いい店 | Comments(6)
2005年 07月 13日
税関前の遊歩道
c0025895_0511845.jpg
ヒトが少なくて意外と穴場な横浜税関前の遊歩道。
ココから眺めるランドマークも新鮮でけっこー好きだな。

by LEGO-Yokohama | 2005-07-13 00:53 | いい風景 | Comments(8)
2005年 07月 11日
POZ Dining(ポズダイニング)
先日は、たまたまチャリで通りかかった「POZ Dining」へ。
インスピレーションで入ってみた。

c0025895_034317.jpg店内はバーってカンジで照明も暗め。
一枚板のカウンター、目の前にはプロジェクターで映し出された映画など、ナカナカ粋な心意気を感じさせる店内。ちなみに、この日は「オーシャンズ12」だった。
少人数の店員さんはフレンドリーで、お客さんも常連が多そうな感じで、何となく落ち着ける。

頂いたMENUはコチラ。

●モッツァレラとトマトのサラダ
至ってシンプルなサラダ。特に感動ナシ。

c0025895_0341648.jpg●チキンのトマト煮込み
スープ激ウマ。味わい深い。
コンソメがいいカンジ。

c0025895_0342974.jpg●ガーリックトースト
ガーリックとこんがり焼けたパンが
Good!
ペロッとイケる。

●サカナ
スイマセン。忘れちゃった。大アジだったかな?
とりあえず、味付けは甘辛でウマかった。外の皮と一緒に食べた方が断然ウマい。

c0025895_0344360.jpg●チョイ辛なトマトソース
ダイニングバーにしては、なかなかコシのあるアルデンテなウマい麺。
オイシイ。おかわりしたい一品。


c0025895_035690.jpgココんちは、まったりしっとり落ち着ける雰囲気が魅力的。
そんでもって、メシもハズレはない。
二軒目として、大事なヒトを連れてグラスを交わしながら語り合っちゃうのがイイかもしれない。

最近、新たな年下彼女ができて有頂天ぎみの友人Sに教えてあげよう。


ココんちもそうだが、何か吉田町にはイイ感じのカフェやらバーやらが多数あることを確認。引き続き調査をせねばとココロに決めた夜だった。

DATA(★3が満点、☆は半分)

オイシサ評価 ★
オサレ評価  ★★
CP評価    ★☆

横浜市中区吉田町4-1

by LEGO-Yokohama | 2005-07-11 00:45 | いい店 | Comments(2)