「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2010年 02月 17日
Patisserie Potager(パティスリー ポタジエ)
c0025895_030190.jpg
先日は、食後にポタジエ。
妻が仕事で中目黒に行ったついでにと買ってきてくれた。

噂には聞いていたけど、本当に野菜なんだねぇ。

左から、
・キャロットチョコフラン
・グリーンショート・トマト
・ゴボーショコラ

真ん中のグリーンショート・トマトが看板商品かな。よく見かけるよね。
小松菜を練りこんだグリーンのスポンジにフレッシュなトマトが挟まっている。
トップのミニトマトがまたインパクト大。
カワイイね。
c0025895_0302614.jpg
どれも野菜の甘みをうまーく引き出していて、よくできているなーと感心。
優しいー味デス。

ただ、俺としては、どうせ甘いもの食べるのなら、もうちょい甘い方が好み。
シンプルでさっぱり薄味なのが、人気なんだろうし、そこがウリなんだろうけど、味にあと少しインパクトが欲しいってのが正直な感想。
妻は大絶賛だった。
メディアやブログ等でも多数取り上げられている有名店なので、好きな人は多いハズ。

デザートというよりは、野菜の食事に近いような、そんな感じ。
お店でも語っている通り、身体に優しい「ベジタブルスイーツ」という新たなカテゴリとして捉えて頂くべきものなのかもと実感。

「ゴボーショコラ」ってネーミングは、ナイスだね。秀逸。
んで、本当にゴボウの味とチョコの味がするから、オモシロイ。

by LEGO-Yokohama | 2010-02-17 00:32 | いいモノ | Comments(0)
2010年 02月 14日
V.D.
c0025895_0481959.jpg
先輩、部下、友人、妻から頂きました。
ありがたや。

ウィスキーとチョコの組み合わせ、最高ですな。

by LEGO-Yokohama | 2010-02-14 23:46 | いいモノ | Comments(0)
2010年 02月 08日
坂の上の雲
c0025895_0531651.jpg
このながい物語は、その日本史上類のない幸福な楽天家たちの物語である。やがてかれらは日露戦争というとほうもない大仕事に無我夢中でくびをつっこんでゆく。最終的には、このつまり百姓国家がもったこっけいなほどに楽天的な連中が、ヨーロッパにおけるもっともふるい大国の一つと対決し、どのようにふるまったかということを書こうとおもっている。楽天家たちは、そのような時代人としての体質で、前のみを見つめながらあるく。のぼってゆく坂の上の青い天にもし一朶の白い雲がかがやいているとすれば、それのみをみつめて坂をのぼってゆくであろう。

― 『坂の上の雲』八巻 あとがきより ―


長かったー。
11月の終わりくらいから読み始めて、最近やっと読み終わった超有名な歴史小説。
NHKが3年掛かりでドラマ制作に取り組んでいるので、ご存知の方も多いハズ。
あの映像は下手な映画より凄いネ。

ビジネスマンの愛読書としても有名だし、著名な偉い方も推してるし、友人も推してるし、ってことで読んでみた。

日露戦争。
歴史の教科書では、「小村寿太郎」「ポーツマス条約」「日比谷焼き討ち事件」くらいで、2頁くらいでそのくだりが終わってしまった感があったけど、この小説を読んで、日露戦争の背景や様々な人物について学ぶことができて、本当に勉強になった。

明治という時代。
『学問のススメ』にある「一身独立して、一国独立する」
この言葉通りにあらゆる人々が動いた時代だったんだなーと痛感した。

もし、日露戦争で負けていれば、対馬はロシアのものになっていただろうし、対馬だけじゃなく、北海道と九州もロシア領になっていたかもしれないわけで。
そしたら、福岡出身の妻と俺は出会っていなかったかもしれないわけで。
昔の人のありがたみを感じる。

一方で、大国ロシアに勝利したことで「日本は神の国」だと錯覚し、太平洋戦争というおぞましく悲惨な戦争を経験をすることにもなったわけで。
なんだか色々と考えさせられる。
けど、何も考えないよりはいいと思う。

また、当時「サル」と呼ばれ馬鹿にされていた弱小国日本が、ヨーロッパの列強たちを押しのけてGDP世界第二位になったことには、日本人として誇りを感じる。
(ただ、日清戦争で勝利した中国に、今年GDP追い抜かれそうだけど…これもまた歴史なのだろうか)

NHKのドラマは、今年の第二部からいよいよ旅順総攻撃。(放映はだいぶ先だけどね…)
このあたりから、ドラマとしても盛り上がってくるんだろうな。
第三軍・乃木希典と伊地知幸介はどう描かれるのか。
やっぱり司馬史観に沿って、ボロクソに言われちゃうのだろうか。

第一軍・黒木為楨(ためもと)、第二軍・奥 保鞏(やすたか)、第四軍・野津道貫(みちつら)といった各大将たちは誰が演じるのかな?そもそもキャストとして登場するのかな?

渡哲也演じる東郷平八郎に、「カッコイイ」と今からシビれそうな自分がいる。
敵が対馬から来るのか、太平洋から来るのか、それを決断する時が見ものだな。と勝手に演技を想像しちゃってマス。


自分が生まれる前に書かれた小説にハマるなんて、なんだか不思議な感覚。
それだけ、この小説が魅力的ということなんだと思う。

40代の10年間を、この小説のためにすべて注ぎ込んだという司馬遼太郎先生の熱い想いが伝わるすばらしい歴史小説。

テーマが国・国民・組織って感じなので、女性よりも男性好みの小説かも。


将来自分に子供ができたら、もしくは、ひさきちゃんとしづきちゃんが成長したら、熱く語ってあげたい。「うざい」って言われそうだけど(笑)

by LEGO-Yokohama | 2010-02-08 02:09 | いいモノ | Comments(6)
2010年 02月 03日
節分の日
c0025895_23574829.jpg
今日は節分ってことで、帰りに横浜そごうに寄って恵方巻を購入。
いやー、すごい混雑だったぁ。
中には、海老、イカ、マグロ、卵、鰻、きゅうり、かんぴょう、大葉,etcと具が盛りだくさん。
かなり太いの買ったので、さすがにかぶりつくはできず、輪切りにして頂く。
古市庵のやつ、美味かったぁ。
c0025895_23581168.jpg
恵方巻と言えば、前の職場で残業中にコンビニに買い出しに行き、その足でグループメンバーと一緒に皆で一斉にその年の恵方を向いて恵方巻を一気に食べたことを思い出す。
今の職場じゃ、しょっちゅう会議やってるし、残業規制も厳しいので、誘える後輩もいないわけで。
不景気は辛いねぇ。

福岡のひさきちゃんとしづきちゃんは、豆まき楽しんだかな?

by LEGO-Yokohama | 2010-02-03 23:57 | いい日々 | Comments(0)