タグ:熊本 ( 8 ) タグの人気記事

2016年 05月 20日
鍋ヶ滝
c0025895_713929.jpg
爽健美茶や生茶のCFや某アーティストのMVで使われたことでも有名な熊本の滝。
別名:裏見の滝 とも呼ばれ、滝の裏側を歩くことができる。
(地震で一部岩が崩れた影響か、俺が行った時は滝の裏側を歩くことはできなかった)

水のカーテン越しに見える、緑の木々がなんとも幻想的で美しい。
水の音、木々と苔の緑、葉から漏れる優しい陽の光、と自然の造形美に圧倒されちゃうね。
マイナスイオンがいっぱいで元気になれる場所。
c0025895_72392.jpg
この日は手持ちだったんだけど、次の機会があれば三脚使ってじっくり撮りたいな。

阿蘇地方を車で走っていたら、途中、くまもんのイラストのこんな横断幕が。
「来てくれてありがとう!!がんばるけん熊本!!」
この地に生きる人の強さと優しさを感じて印象的だった。

九州は、メシは美味いし、自然は豊かだし、人も温かくて、本当に良いところ。

by LEGO-Yokohama | 2016-05-20 07:03 | いい風景 | Comments(0)
2012年 04月 03日
お城と桜@熊本
c0025895_2130478.jpg
Photo by LEGO妻

先日、妻が熊本旅行に。
単身赴任時代に知り合った熊本出身の友人マイちゃんの新居にお邪魔とのこと。

ちょうど先週末だったんだけど、桜が満開で、それはそれは綺麗だったらしい。
気温も温かく、まさに春爛漫だったとか。

お城と桜。
合うよね~。これぞ日本の春と言っても過言ではないかと。

しかも、俺も好きな熊本城だから、なおさら。

熊本には一回だけ旅行した事がある。
馬刺し・辛子れんこん・高菜飯・ラーメンと食事は美味いし、黒川温泉はいい湯だし、阿蘇の自然は雄大だし、人は皆とても優しくて、けっこういい思い出で染まっている。
何よりも熊本は、俺の好きな武将・加藤清正の街だから、勝手に愛着も湧いちゃうんだな。

武者返しと桜のコラボも艶があっていいよね。

続きはコチラ。

by LEGO-Yokohama | 2012-04-03 21:45 | いい風景 | Comments(6)
2008年 08月 29日
プチヴァカンス2008-九州レポ vol.07@黒川温泉
c0025895_2362520.jpg
この日は黒川温泉に宿泊。

ちょいと奮発して、離れに泊まり、贅沢・夢気分。

馬刺しに代表される熊本料理と、いい湯がお出迎え。
煮物がしみじみ美味しかった~。

黒川温泉は、よさげな宿がいっぱいあるんで、他のところにも是非とも泊まってみたいな。
c0025895_2372935.jpg


by LEGO-Yokohama | 2008-08-29 23:08 | いい旅 | Comments(0)
2008年 08月 24日
プチヴァカンス2008-九州レポ vol.06@阿蘇・大観峰
c0025895_1310451.jpg
今まで、「阿蘇山」って、実在する山だと思ってた。
本当はないんだね。俗称なんだね。今回初めて知った。

阿蘇カルデラを形成する外輪山、阿蘇五岳を含む火山群一帯を「阿蘇山」という。

カルデラ、確か中学くらいの時、「社会」で出てきた重要キーワード。
でも、「阿蘇山=カルデラ」でしょ、くらいにしか覚えていなかったので、カルデラが一体どういうもので、どうやって形成されたかなんて全くもって知らなかった。
c0025895_13114957.jpg
カルデラ(caldera)とは、火山の活動によってできた大きな凹地のこと。ちなみに、「Caldera」はスペイン語で「鍋」という意味である。
外輪山(somma)とは、カルデラの縁にあたる尾根の部分。阿蘇カルデラの場合は、カルデラができた時の噴出物からなる。
(Wikipediaより)

ココ、大観峰は、外輪山の北側に位置し、抜群の眺望を誇るビューポイント。
ココから、阿蘇カルデラの凹みがよーくわかる。
百聞は一見に如かずとは、まさにこのこと。
c0025895_13122258.jpg
(写真はクリックすると拡大します)
夏から秋にかけては、大雲海が広がることもあるんだとか。それも一回見てみたい。

カルデラ壁も神秘的。地球の生命を感じる凹み。
c0025895_131391.jpg
車のCFで使われそうな、そんな綺麗な緑が一面に広がる阿蘇。
風が爽やかで気持ちよく、ドライブしていて超気持ちイイっす。
c0025895_13134189.jpg


by LEGO-Yokohama | 2008-08-24 13:16 | いい旅 | Comments(4)
2008年 08月 23日
プチヴァカンス2008-九州レポ vol.05@阿蘇で高菜めし
c0025895_11444076.jpg
阿蘇の絶景スポットへ向かう途中に、昼飯を。
阿蘇名物・高菜めしデス。

こちらのお店「あそ路」は、「元祖高菜めし」をかかがる名店。
かなりの行列だった。

店内は昔ながらの情緒溢れる雰囲気。

ここの高菜めし、最高デス。ペロっといっちゃった。
おでんともつ煮も頂き、のどかで田舎な時間を満喫。

by LEGO-Yokohama | 2008-08-23 23:45 | いい旅 | Comments(0)
2008年 08月 22日
プチヴァカンス2008-九州レポ vol.04@阿蘇・草千里ヶ浜
c0025895_1112985.jpg
(写真はクリックすると拡大します)

ビッグスケールの自然を満喫。

直径1kmの牧草地、草千里ヶ浜。
雨水が溜まってできた池があり、その周囲では、牛や馬が放牧されている。

左端に見えるのが中岳火口。
今も噴煙を上げる火山口デス。
第一火口の様子はコチラ。
c0025895_1115859.jpg
モクモクと噴煙を上げる姿は、地球が生きていることをヒシヒシと感じさせる。
エメラルドグリーンな湯だまり、綺麗だけど、その温度は1000℃以上。

草千里ヶ浜では、乗馬もできる。
c0025895_1131316.jpg
やっぱ青空の写真は、それだけで気持ちがいい。

阿蘇の新緑な草原、最高デス。かなりのお気に入り。
この爽やかなライムグリーンが素晴らしいっす。
c0025895_1141665.jpg
次回は阿蘇の絶景スポットを。

by LEGO-Yokohama | 2008-08-22 01:15 | いい旅 | Comments(2)
2008年 08月 18日
プチヴァカンス2008-九州レポ vol.03@熊本城
c0025895_0532468.jpg
54万石の城下町・熊本のシンボルであり、日本三大名城の一つと数えられる熊本城。
小高い丘(茶臼山)に建ち、熊本市街を静かに見守るその勇姿には、心惹かれるものがある。カッコイイ。
c0025895_0543033.jpg
城内には、熊本を創ったといっても過言ではない加藤清正や、その後を継いだ細川家の情報がいっぱい。歴史好きにはたまらんでしょう。

熊本城といったら、コレよね。武者返し。
c0025895_055477.jpg
清正が近江から率いてきた石工集団が特殊技術を駆使して造ったこの石垣。
下は30度ほどと緩やかながら、上に向かうにつれ角度が急になり、天端では75度以上の絶壁に。
最初は登れそうと思った武者たちも登るにつれ、ひっくり返る。武者返し。
この曲線が美しく華麗でありながら、堅牢なんすよ。

天守閣から熊本市街を眺める。
c0025895_0554762.jpg
けっこう高いので風が気持ちいい。
蝉の声が凄くてね、もう7.1ch並にすごい迫力だった。

黒と白の重厚な佇まい、難攻不落な堅固なお城。
肥後の歴史にもっと浸りたくなった時間だった。

PS.
虎退治の伝説もある猛将、且つ、熊本城を築いた土木の神様・清正公(せいしょこ)さん、(熊本では加藤清正はこう呼ばれ親しまれている)、そんな清正公さんもかなわなかった強敵がいた。
その強敵とは……それは「痔」らしいっす。けっこう悩まされたらしい。(ボラギノールのHPより)

by LEGO-Yokohama | 2008-08-18 00:59 | いい旅 | Comments(10)
2008年 08月 15日
プチヴァカンス2008-九州レポ vol.02@熊本市街
c0025895_9351692.jpg
車を飛ばし、熊本市街へ。この日は熊本で一泊。
チェックインを済ませたら、夜の熊本市街へ繰り出す。
路面電車に乗って、お店がいっぱいあるエリアへ。

熊本といったら、馬刺しでしょ。
つーわけで、馬料理が有名なお店で。

乾杯は、ご当地火の国ビールで。琥珀色のビール。

トップ写真の特選馬刺し、本当に柔らかい。口の中で溶けるね。
こっち(東京・横浜)で食べる馬刺しとは、やっぱり全然違う。さすが本場デス。

馬のたたきも激ウマ。新鮮だよ~。
c0025895_9355967.jpg

こちらはレバ刺し。(もちろん馬の)
c0025895_9362347.jpg
俺、レバーあんまり好きじゃないんだけど、ココのは美味かった。
こんだけ新鮮でおいしいレバ刺しは、熊本じゃないとなかなか食べられないらしい。(店員談)

辛子れんこん、初めて食べた。
c0025895_937463.jpg
もともと辛子もれんこんも好きだから、これは食べた瞬間に「好き」って感じ。
酒のつまみに最適だね、こりゃ。

続きはコチラ。

by LEGO-Yokohama | 2008-08-15 09:45 | いい旅 | Comments(14)