ヴァカンツァ2005 レポ 七日目②(アマルフィ・ラヴェッロ)

充実したカプリ島での観光を終え、船に乗ってアマルフィを目指す。
カプリから1時間程でアマルフィへ到着。

●海から眺めるアマルフィ
c0025895_1243961.jpg
アマルフィはその名の通り、アマルフィ海岸の中心地。
中世初期に貿易港として、ベネチア、ジェノバに先駆けて発達した街。海の碧さが美しく、常に観光客を魅了してきた誇り高い海洋都市だ。
c0025895_125720.jpg
   ↑オリエンタルなドゥオーモ      ↑名産レモンのお店。レモン、でかっ!

●街の玄関口
c0025895_1282284.jpg
中央のオッサンのブロンズ像は、フラビオジョイア。
西洋で始めて羅針盤を開発し、航海術を発展させた偉人。

ココ、アマルフィもソレント、ポジターノと同様セレブのたまり場。観光客の金持ち比率は高いに違いないが、美男美女比率もかなり高かったイメージがある。
またコレが紺碧の海と白い街並みと合って、絵になるんだな。ズルいよ。

例えば、この美男美女セレブたちが夕日をバッグに、パラソルのあるテラスでジェラート食べてるワケですョ。それはもう映画の1シーンそのもの。ただ外でジェラート食ってるだけなのに、カッコよすぎ。

まぁ、そんな僻みをバネにして、人生の勝ち組を目指すこととしながら、アマルフィの街を後にする。

バスにて次なる街ラヴェッロに向かう。

そういえば、バスの運ちゃんがとても陽気で面白かった。
バスに乗り込む際、立ち止まってなかなか進まない客に「No Sleep!!」って笑い飛ばしたり、 対向車を先に通すときに「Prego!!(プレーゴ)[どうぞの意]」とヤマビコが聞こえるくらい絶叫したり、常に歌を歌いながら、くねくねの細い山道を片手で運転したりと。
何なんだ、このファンキーなオヤジは?とあっけにとられてしまった。

アマルフィから30分程で丘の街ラヴェッロに到着。

ラヴェッロは、ソレント、ポジターノやアマルフィなどの華やかなビーチリゾートというカンジではなく、こじんまりとした静かなオトナな街。中世の建築物が溢れ、映画の舞台としても度々使われている。

c0025895_129192.jpgこのラヴェッロだが、滞在してのんびりしないのなら、はっきり行って交通の便が悪いし、それほど見るものは無いような気がする。
じゃ、何で行くのか?
それは、今回の旅で度々参照している「CREA」の表紙がラヴェッロのホテルからで、その景色に一目惚れしたから。だから、生で見てみたいと思ったのが、きっかけ。
時間の都合で、表紙のレストランで食事をすることができなかったことが悔いに残る。いつか必ずや…
●ルーフォロ荘近くのバス停からの眺め
c0025895_1292863.jpg
上述の「CREA」の眺めとほぼ一緒。
標高350Mの高台、断崖に位置するルーフォロ荘では、毎年夏に野外音楽祭が開かれている。かのワーグナーは、ルーフォロ荘で『パルシファル』の第二幕を作曲したとのこと。

ルーフォロ荘から眺めるアマルフィ海岸があまりにも有名だが、ルーフォロ荘に入るには、入場料が4~5ユーロ必要。
そして、写真の眺めはルーフォロ荘隣りのバス停付近。バス停なので勿論タダ。
実はココ、ルーフォロ荘に入らずして、同等の景色が見られるのでオススメ。
なぜ、同等と分かるかというと、ココから50Mくらい離れた手すりの向こうにルーフォロ荘からのビュースポット(庭園)が見えるから。

ココからの大パノラマ、5分10分見ても飽きなかったな。もう悟りが開けちゃいそうな雰囲気。
なんか、こういうデッカイ景色見てる時って、色々なコト考えちゃいません?

この後アマルフィに戻りバスを乗り換え、サレルノに向かう。
途中の車内でも、曲線を描く海岸線の美しさに見惚れてしまった。
夕日がそりゃキレイでさ、海の色までオレンジに染めていくんデス。

次回は、トランスファーでちょっと訪れたパリをちょっとレポ。
Commented by norlie at 2005-08-24 22:02
すごい眺めですね!標高350M!LEGO-yokohamaさんの文章を読みながら、大パノラマを前にしたときの気分を少し想像しただけで、すごく胸が熱くなりました!私も観てみたい!そしたら、色々なことが小さなことに思えてきて、本当に大事なものが見えてきそうですね!まさに悟りを開けそうです!
雑誌に出ていた風景をその位置からその角度で見たい!っていう気持ちすごく分かります。きっかけになった風景ですものね!イタリアといえば、青い地中海、陽気な人々、それから私のイメージではやはり山の尾根に高さ互い違いに、段々と並ぶ家々です。まさにこの写真のような感じ。行きたい気持ちがまた高まりました!素敵な旅話、どうもありがとうございます!
Commented by なつ at 2005-08-25 00:41 x
やっぱりアマルフィの景色は素晴らしいですね~!私もいつかは行ってみたいです。
イスラムの影響を受けたドゥオーモも、ぜひとも生で見たいです!
おかげ様で素晴らしい写真の数々で、バーチャルイタリア旅行気分が味わえました~。
あー、行きたいっっ!!
Commented by LEGO-Yokohama at 2005-08-25 00:49
>norlieさん、こんばんは。
長文、乱文読んで頂きありがとうございます。(自分でもちょっと長いなと思ったんですけど、読んで頂き)単純にウレシイです。
南イタリアは、norlieさんのイメージ通りだと思います。
ローマやフィレンツェもイイですけど、また別次元の良さが南イタリアにはあって本当にオススメです。のんびりと自然を肌で感じたい人には特に。
norlieさんもラヴェッロの丘で是非とも悟り開いちゃってクダサイ。
Commented by LEGO-Yokohama at 2005-08-25 00:54
>なつさん、こんばんは。
長文、乱文読んで頂きありがとうございます。(自分でもちょっと長いなと思ったんですけど、読んで頂き)単純にウレシイです。
アマルフィの景色は、どこも素晴らしかったですよ。なんてったて世界遺産ですからネ。
なつさんにも是非生であの絶景を体感して頂きたいデス。
僕もまた絶対再訪したいと思ってます!今度はゆっくりステイで。
Commented by 旅のスタイリスト at 2005-12-09 22:49 x
アマルフィーを探していたらここへたどり着きました。生まれが横浜なので親近感をを覚えるタイトルでした。横浜、鎌倉青春の思い出がたくさんある街です。又寄らせて頂きます。
Commented by LEGO-Yokohama at 2005-12-13 00:46
>旅のスタイリストさん、こんばんは。返事が遅れまして恐縮デス。
ブログ拝見しました。イタリアをはじめ、ヨーロッパ情報が満載でとても参考になります。それにステキな写真ばかりで、癒されます。勝手ながらリンクさせて頂きました。ヨロシクです。
by LEGO-Yokohama | 2005-08-24 01:55 | いい旅 | Comments(6)

横浜を中心に「いい店」、「いい風景」をご紹介! その他、徒然なるまま感性の赴くままに日々の出来事を綴るブログ。 最近はランニングネタもちょいちょい。


by LEGO-Yokohama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30