サロマに向けて その5 柴又60Kに参加

c0025895_05232120.jpg

前記事の通り、6/3(日)に柴又で60kmのレースに参加。

一週間で100km走るトレーニングの総仕上げという位置付け。

結果は無事完走したものの、内容が残念…
目標は、6:15/kmで一定に刻み、計6時間15分でゴールの予定だったのだが、結果は6時間57分でゴール。
(ちなみに、昨年は6時間15分でゴール)




c0025895_05231906.jpg
全然ダメじゃん!!

なぜ?なぜ?なぜ?

なぜタイムが大幅に遅れたのか?
→後半の失速
序盤は6:10/kmで一定のリズムで走っていたのだが、35kmを過ぎてから一気に失速。
歩く回数が増えだした。

なぜ後半失速したのか?練習量は去年よりもだいぶ積んだはずなのに)
→ガス欠
通常との違いとして、体の変化あり。
いつもならエイドで「美味い~♪」と噛みしめる固形物(パン、まんじゅう、おにぎり)が、全然咽喉を通らない。
途中まで食べても、気持ち悪くなり吐いてしまう。
よって、糖質を補給しなかったことによるエネルギー切れ。

なぜ気持ち悪くなった?固形物が入らない?
→水分のみの補給しすぎ
エイドごとに水を飲んでいた一方で、(序盤はもともと固形物もエイドにないため)糖質補給しなかった。
よって、ナトリウムのみ失われて、電解質のバランスが悪くなり、気持ち悪くなった。
その結果、固形物が入らず、水分だけ補給。
さらに、ナトリウム濃度が薄くなり、さらに気持ち悪くなるの悪循環。

なぜ水分取り過ぎた?
→暑かった

この日の気温は28℃。柴又は永遠と河川敷を走るコースのため、直射日光を浴び続ける。
よって、汗が出て水分が欲しくなった。
また日焼けによる疲労も蓄積されたと思われる。
c0025895_05232091.jpg

つまりは、こんなメカニズムかなと。
暑い→水ガバガバ飲む→汗でナトリウム出る→水分IN、ナトリウムOUTの繰り返し→体内の電解質バランス崩れる→気持ち悪い→固形物食べれない→水に頼る→また濃度薄くなる→気持ち悪い→固形物食べれない→糖分/ナトリウム補給できない→エネルギー尽きる→ガス欠→失速

(言い訳がましいが)脚は意外と平気だったので、やっぱり上記の問題かなと分析。

とりあえず、サロマ本番でなくて良かったぁ。
こういった課題を発見できたことだけでも、柴又に出た価値はある。

そういえば、ここ2年のサロマは雨だったので、日焼けや暑さと無縁だったなーと思い振り返る(その分寒さがツラかったのだが…)

今回の反省を踏まえ、サロマでは暑さ対策として、キャップ、アームスリーブ、日焼け止めをしっかり準備しようと心に決める。
(勿論、暑さの逆の寒さ対策も必要
その辺、本番間近の天気予報を見て、調節していこうかと。

以上、柴又で想定外の走り(目標タイム大幅下回り)でショックの中、半ばやけくそに超前向き志向の分析なり(笑)
c0025895_05232032.jpg

今日から本番までは調整期間。無理は禁物。
サロマのゴールをどういう形でどういう気持ちで迎えたいのか?
今一度、課題と対策に向き合いたいと思う。
c0025895_05232040.jpg

という訳で、柴又での反省を踏まえ、俄然やる気満々でございます!!
サロマ湖100kmウルトラマラソンまで、あと17日と100km.

by LEGO-Yokohama | 2018-06-07 05:34 | いいSAROMA | Comments(0)

横浜を中心に「いい店」、「いい風景」をご紹介! その他、徒然なるまま感性の赴くままに日々の出来事を綴るブログ。 最近はランニングネタもちょいちょい。


by LEGO-Yokohama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31