ちょいヴァカンス2006-北京レポ 三日目③

c0025895_015264.jpg
ゴレンジャーじゃないッス。

前記事の天壇公園を終え、最後の夕食をツアーのみんなと楽しく食べた後は、梨園劇場へ。
ココは京劇専門の劇場。

最後の夜だし、せっかくの北京だしってことで、オプションに申し込み、京劇鑑賞をすることに。

北京の旅も実は一ヶ月前。思い出は残るのではなく、残すのである。(by ケツメ)
本日もよろしくどうぞ。人気ブログランキング★




劇場内は観光客でごった返していて大変盛況な様子。まぁ、日曜日だったってのも影響してるのかも。

c0025895_0154728.jpg受付前では、役者のみなさんが、歌舞伎同様に自分でメイクをしており、ついついそれに見入ってしまう。どんどん派手な姿に変貌していく姿を見ていると、これから始まる京劇への期待も徐々に高まってくる。

それから、座席についてあたりを見渡すと、欧米人が多いことに気付き、ちょいオドロキ。
なんせ、北京市内の観光では、圧倒的にアジア系人種が多かったから。
でも、中国の伝統文化に対して、人種も違い、住むトコロも遠く離れた人たちが興味を持つのって、素晴らしいことだよネ。
この小さな空間に、世界中から色々な人が集まってきてることに、中国の偉大さを感じてみたりする。

さてさて、今回見た演目は「覇王別姫」
わかりやすく言うと「四面楚歌」のお話。
大まかなあらすじは以下の通り。
==================
c0025895_0164426.jpg漢の劉邦との戦いで該下に追い詰められた楚の覇王(項羽)。
項羽の愛妃・虞姫は項羽に酒を進め踊りで慰める。
しかし劉邦の策略によって、敵の軍営から自分の国「楚」の唄が聞こえると項羽は味方はすべて投降したものと思い込み、 虞姫はそれを聞いて足手まといにならぬようにと自刃して果てる。
項羽は一人四面 楚歌を脱出するが自国を目の前にして敗北を恥じ自刃する。時に項羽31歳の冬だった。
<出典はコチラ
===================

まぁ、簡単に言うと、項羽の愛人(小説などでは妻として書かれていることも多い)である虞姫が、項羽の為を思い自害しちゃうお話ね。んで、それを追って項羽も自害しちゃうっつー悲話。
ちなみに、下の写真が今回の主役である虞姫と項羽ね。
c0025895_0171033.jpg
有料で日本語が流れるヘッドホンを貸してくれるので、内容をちゃんと理解するためにもと、3人揃ってヘッドホンを借りる。
そのヘッドホン、京劇の歴史とか、京劇の基礎知識(色によって役柄が使い分けられているとか、衣装がどうだとか)も教えてくれてかなり使えるスグレモノ。
お陰でバッチリ内容理解できましたワ。
c0025895_0173890.jpg
華やかな化粧をした役者の演技は、キレがありスピードがあり、絶えず観客を魅了する。
バク転とかすんげー綺麗だし、どの演技も見とれてしまった。

正直、今回の旅の中での一番ヒット。衝撃というかサプライズというか、なんつーか心を掴まれたのよね。
「京劇、見て良かった!」と、素直に、心から、感じることができた大満足な夜だった。

次回は、今回のレポの最終回、北京を振り返る。
Commented by クラルス at 2006-08-21 11:21 x
京劇いいですよね。華やかでキレイで切なくて好きです。
ぜひ本場で見てみたいな。
同じマンションに横浜大世界の京劇の役者さんのメイク&休憩室があるらしく、ご出勤の時に会うことがあります。
エレベーターが開いて「わっ!」って感じ(笑)
覇王別姫・・・映画とレスリー・チャンを思い出しました。
Commented by LEGO-Yokohama at 2006-08-21 22:20
>クラルスさん、こんばんは。
>華やかでキレイで切なくて好きです。
まさに、その通りです!!!ナイスな表現。
中国の歴史にも詳しくなれるし、イイですよねぇ。
あのメイクでエレベーターから出てこられたら、そりゃちびりますわ。
映画、見たことないので、見てみたいなと思いました。
Commented by 副社長 at 2006-08-22 12:10 x
「ゴレンジャーじゃないッス。」
ウケました。

はじめましてです。
シャッターのタイミングのよさを感じました。
生意気言って、すみません。
Commented by redarpels at 2006-08-22 21:31
コンニチワ.
おぉ、何を隠そう中国モノは三国志よりも項羽と劉邦の方が好きな俺.
劉邦よりも項羽が好きな俺としては、この場面はしびれる場面なんだよね.
項羽って武功はモチロン、頭良いし軍略も優れてて、劉邦とは対照的なんだけど、
劉邦の人徳に負けて最後には壮絶な自害.
スゲーなコイツって思ってたけど、今の俺より若いっての目の当たりにすると、
我のヘボさが身に染みます.
Commented by LEGO-Yokohama at 2006-08-23 04:08
>副社長さん、こんばんは。
はじめまして。コメントありがとうございます。
>シャッターのタイミングのよさを感じました。
今回の写真はコンデジ(4.5倍光学ズーム×デジタルズーム)で撮影いたしました。
タイミングは直感で感じとり、そこからパシャパシャと激写いたしました。
Commented by LEGO-Yokohama at 2006-08-23 04:31
>redarpelsさん、こんばんは。
おぉ、項羽好きでしたか。
歴史ロマン好きなredarpelsさんらしいです。
京劇の世界は、演技にキレ・スピードがあり、話の内容は明確、なおかつ切ないってのがイイですね。
特に、中国歴史好きにはたまらんと思います。
機会があれば是非見てみてくださーい。被写体的にも華があり、よろしいかと。
by LEGO-Yokohama | 2006-08-21 00:32 | いい旅 | Comments(6)

横浜を中心に「いい店」、「いい風景」をご紹介! その他、徒然なるまま感性の赴くままに日々の出来事を綴るブログ。 最近はランニングネタもちょいちょい。


by LEGO-Yokohama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30