La cuisine Française L'Embellir(ランベリー)@南青山

c0025895_0262022.jpg
東京のいい店。

先日は南青山にある「L'Embellir(ランベリー)」へ。銀座オストラルで腕を振るった岸本シェフのお店。
ボーナスも出たことだし、最近二人とも遅いので、普段よりはちと贅沢にランチでもってことで。

最寄は表参道。ギャルソンとかプラダとかある方の出口から出て、8分くらいかな。HPには5分ってあるけど、よっぽど足の長い人でないと、5分は厳しいかと。
ま、おいしけりゃ8分も苦にならない距離。

店内に入ると、地下へ続く階段が。なんかドキドキ。



B1Fに到着すると、スタッフが笑顔でお出迎え。テーブルとイスのあるエリアに通される。
c0025895_02944.jpg
キャパは30席くらいかな。
地下のため、窓がないのが気になるが、その分天井は高く、開放感を確保。
天井から釣り下がる白く輝くポールが印象的で、全体的にモダンでシャープな空間。
なんとなく「ナリサワ」と雰囲気は似てるかも。

ココのお店、MENUがスケスケアクリルプレートで運ばれてきます。
c0025895_0294929.jpg
およっ!とちょっとしたサプライズ。気分・場は盛り上がるが、正直見づらいかも。
ランチは4,410円のプリフィクス(料理3皿+デザート)と、6,825円のデギュスタシオン(シェフのおまかせ)がある。
料理の説明は一つ一つすんごく丁寧にしてくれます。

今回は、プリフィクスでオーダー。さらに、料理説明で、そそられたホワイトアスパラガスのポタージュを追加で。

●パン
c0025895_0303076.jpg
無塩と有塩の2種のバターで味わえる。

●海の恵みこだわりの一皿
c0025895_0305017.jpg
彩り豊富で華やかな一皿。各食材ごとに、別のドレッシングをつけ、最後に一つの皿に集結させる。
この皿には、ウニも入っていたんだど、これが激ウマで。ココは北海道の漁港かと?思うほど美味かったぁ。

●フォアグラテリーヌ、桃と林檎、ハチミツとレモン風味
c0025895_0322251.jpg
桃と林檎のコンポートが中央に入ってます。
フォアグラテリーヌ、さすがに甘いものとの相性は抜群ですな。
コレにはワインもちょい甘めのものをセレクト。

※ちなみに、TOP写真はカノジョオーダーの一皿。
イタリア産仔ウサギ肩肉のトマトファルシーココット焼き。

●ホワイトアスパラガスのポタージュ
c0025895_035353.jpg
コチラは、追加オーダーの品。お皿がオモシロイ。
アスパラの風味を存分に感じつつ、素材の甘みを堪能できる優しい一品。

●仔鴨1/2ロースト5種の胡椒風味
c0025895_036377.jpg
中が美しいピンク色に染まったミディアムレアな鴨。5種の胡椒がまたこの肉のグレードをUPさせる。
コチラの鴨のローストも今まで食べた中では、かなりのトップクラス。
味付け(ソースと5種の胡椒)もかなり好みス。

●アーモンドのブランマンジェ
c0025895_0362316.jpg
デザートは、上のバーを勧められたので、そちらに移動。このバーの空間自体はイマイチかも。下のレストランエリアの空間がステキなので。
んで、このアーモンドのブラマンジェ、シェフのスペシャリテらしい。
アーモンドの香ばしさとコク、そしてほのかな甘さにとろけます。ヤラれます。まさに美味。
甘すぎず、飽きのこない味で、ずっと食べていたい感じ。

●ミニャルディーズとエスプレッソ
c0025895_0365110.jpg
この後、お口直しにさっぱりと京都産の黒酢にシチリア産の蜂蜜を加えたものが出される。よくはわかんないけど、女子にはこういうのポイント高いかと。。


ココのお店、料理もとても素晴らしいのだが、ワインがおいしい。率直な感想として、そう感じた。

この日はランチ利用だし、ガッツリ飲む気はさらさらなかったので、サラダやテリーヌにあう白も飲みたいし、肉にあう赤も飲みたいし、ってことでグラスワインでオーダーしたわけで。

白はブルゴーニュ地方のシャルドネでドライなやつと、アルザス地方のゲヴェルツトラミナール。赤はボルドー地方のメルローでふくよかな味のやつ。
c0025895_0373697.jpg
3杯とも料理にマッチしたワインを勧めてくれる、ソムリエに感謝。説明も非常に丁寧で分かりやすい。Good Job!!

いやー、マジ美味かった。結局二人でボトル一本以上の量飲んでるし、よって金額もボトルより高くなってるし…汗
でも、色々飲めて、本当に美味しかったから、満足。

料理も一品一品が丁寧で、気持ちを感じます。
接客もスマートで心地よい。

んで、お土産にフィナンシェも貰えます。
c0025895_038740.jpg
家に帰ってから、ここの空間で過ごした余韻に浸れるのは幸せなひととき。粋な演出じゃない?
サービス料とか言って、「何サービスされたんだっけ、ウチラ?」ってハテナに思うレストランが多い中で、こういう形での演出・サービスなら、納得だし快諾。

最後に、店名である「L'Embellir(ランベリー)」の意味を、HPの岸本シェフの言葉から抜粋。

「L'Embellir」とは、フランス語で「人を美しくする」の意を持ち、“素材が育ったテロワール(気候・風土)を最大限生かした料理” をコンセプトに、お越しいただいた皆様が美味しい料理とワインと共に、楽しいひとときをお過ごし頂けるレストランを目指しております。
これまでに培った技術と自分自身が追求し続ける料理コンセプトをもとに、更なる挑戦を続けていく所存です。


c0025895_053125.jpg休日の昼下がり。
普段使いというワケにはいかないケド、お気に入りのお店がまた一つ増えたことにHappyな気分♪

DATA(★3が満点。☆は半分)

オイシサ評価 ★★★
オサレ評価  ★★☆
CP評価    ★★

東京都港区南青山4-17-33
03-3423-0131

※評価は実際に食事をした結果、LEGO-Yokohamaが独自に判断したものであり、客観的なデータ等によるものではありません。あらかじめご了承ください。

サッポロのW-DRY、けっこうイイかも。本日もよろしくどうぞ。人気ブログランキング★

Commented by タリアセン at 2007-07-03 02:04 x
さすがLEGOさん、相変わらずオサレなお店で素敵なお食事ですね♪
う~ん、マーベラスです。^^
それにしても、スケスケMENUはかなりインパクト大ですね。(^o^;)

表参道と言えば、個人的には大学時代の思い出の地。
久しぶりに訪問したくなりました。
Commented by LEGO-Yokohama at 2007-07-07 11:34
>タリアセンさん、こんにちは。
スケスケMENU、インパクト大でした。是非、生スケスケをご体験ください。
オモサンが大学ということは、アチラの大学ですね。
ということは、タリアセンさん、色々なお店知ってそうですよね。今度、教えてください。
by LEGO-Yokohama | 2007-07-03 00:54 | いい店 | Comments(2)

横浜を中心に「いい店」、「いい風景」をご紹介! その他、徒然なるまま感性の赴くままに日々の出来事を綴るブログ。 最近はランニングネタもちょいちょい。


by LEGO-Yokohama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31